ウェイターの仕事をしたいけれど、経験がないのでしょうか? 実務経験が必要なレストランもありますが、まったく経験のない人を雇うレストランもたくさんあります。 どんなウェイターもウェイトレスも、もともとは何の経験もなかったのだということを、忘れないでください。 いきなり接客の仕事を得るのは難しいかもしれませんが、その仕事を得られる確率を上げるために、面接で使える経験やスキルがあります。 未経験でウェイターの仕事を得る方法は次のとおりです。

他の職務経験をアピールしましょう
あなたが以前に、他の仕事をしていたなら、その中には面接で話す価値のあるスキルが含まれているはずです。

どのような種類の接客業(受付、販売員など)でも、ウェイターとして働くことにつながるスキルがあります。 お客様とどのように接してきたのか、そのときの経験をどのように飲食業の仕事に役立てることができるか、話してください。

まったく話せるような経験がない場合は、なぜこの仕事に興味があるのかを説明し、少しでも関係のありそうな趣味、能力、経験などについて話してください。多くのレストランでは、マルチタスクであること、協調性、プロフェッショナルなサービスを提供できることなど、ウェイターとしての資質が求められます。 このようなスキルを持っていることを、示すことが大切なのです。

リサーチしましょう
リサーチをすることによって、面接がうまくいきます。

ウェイターの経験がなくても、あなたが仕事の内容や責任について完全に理解していることを、面接官に示す必要があります。 求人広告をもう一度読み、ウェイターの仕事についてのブログや記事を読んでみてください。ウェイターにどのような責任があるか、日々どのようなことに直面しているのかを理解することで、ウェイターの仕事に求められるものがわかるでしょう。

自宅で練習してみましょう
ウェイターとして、レストランではたくさんの仕事をこなさなければなりません。 テーブルを準備する、皿を集める、食べ物をサービスする、2-3枚の皿やトレイや飲み物を運ぶなど、その他もろもろです。これらのスキルは、練習しておくことによって、面接官にあなたを印象づけることができます。

一部のレストランでは、フルタイム契約を締結する前に、試用期間がをもうけられています。 なぜでしょうか? あなたにサーバーとしての素質があるかどうか、見極めたいからです。

本当にウェイターとして就職したいのであれば、皿を運んだり、テーブルを準備したりする練習を、家で積んでおかなければなりません。レストランではトレーニングを施してくれますが、練習しておくに越したことはありません。

笑顔で、フレンドリーにふるまいましょう
偉大なウェイターの、最も重要な資質の2つは、フレンドリーであることと、笑顔でいることです。お客様と接するということは、フレンドリーでいなければならず、接客においては、それがすべてと言えます。

多くの面接官は、あなたを見て、サーバーとしての資質があるかどうか、判断したいと考えています。面接では、礼儀正しくいること、笑顔でいることを忘れないでください。

プロとしての自覚を持ちましょう
面接では、きちんとした身なりをしてください。接客業の場合、適切な服装をしていることは、必須条件です。これは、あなたが業務を理解し、ドレスコードに従うことを、面接官に示すことにもなります。

ほとんどのレストランには、ドレスコードがあります。面接に出かける前に、制服のポリシーがどんなものであるか、調べて行くようにしてください。

また、正しい靴を履くことによって、ウェイターとして本気で働きたいということを、面接官にアピールすることができます。作業中の怪我などを避けるために、滑り止めのある作業靴を履く必要があります。レストラン内には、ガラス、食器、鋭いカトラリーなど、危険なものがたくさんあるのです。足を支える、滑りにくい靴が必要となります。

北海道出身。野球はやるのもみるのも好き。日本ハムファイターズが北海道に来る前から好きなファイターズ狂。専門学校卒業後からホテルで勤務し、ススキノでレストランを立ち上げ成功。取締役に名前を残しながら、昔からの夢であった海外就職を実現するためにタイに移住しました。今は、五つ星ではありませんが、タイの四つ星ホテルで働いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です