ホスピタリティ及び観光産業における神話

ホスピタリティや観光業界で仕事をするということは、ずっと休暇を取っているようなものだと、聞いたことがあるかもしれません。 一日中、ホテルやバーやレストランのあちこちで、ちょこちょこと仕事をしたり、世界中を渡り歩いて、日焼けをしながら、人々が楽しい時間を過ごせるよう、手助けをしたりするような仕事なのだと。あるいは、ホスピタリティや観光に関わる仕事が、単なる穴埋めのようなものだと、聞いたことがあるかもしれません。 つまり休暇中に、ちょっとしたお小遣いを稼ぐようなものだというような。

 

もしあなたがこの仕事について、そう考えておられるのなら、それは間違っていると言わざるを得ません。多くの人々が、ホスピタリティや観光業界において、一生のキャリアを築こうとしています。これらのキャリアは刺激的でやりがいがあり、変化に富んでいますが、一方で大変な努力と献身を必要とします。

 

というわけで、ホスピタリティや観光業界で働こうと決める前に、まずは実際にはどのような業界であるのかを、探求する必要があるのです。

 

ホスピタリティ及び観光産業における実情

 

この業界では、飲食及び宿泊に関することが、すべてです。つまりそれは、観光、旅行、アトラクション、接客に関することすべて、という意味です。人々を楽しませる手助けをすることが、ホスピタリティ及び観光産業の基本なのです。

 

ホスピタリティ及び観光業界で働く人々に、私たちは日々遭遇します。ちょっと飲みに行くとき、何かを食べに行くとき、または豪華な世界一周旅行をするとき、5つ星ホテルに滞在してビジネスクラスに乗るとき(実際にはなかなかないことですが、念のため。わかりますよね?)などもそうです。私たちの社会生活も余暇の時間も、この業界にキャリアを捧げた、懸命に働く彼らなしには、成り立たないのです。

ホスピタリティ及び観光業界における仕事について、知っておかなければいけないのは、いわゆる一般的な、9-5時までの仕事には、なり得ないという点です。この業界で働く人々は、他の人々が楽しんでいるときに、働かなければならないのです。たとえば、パブやクラブで働く人々は、主に夜に仕事をすることが多いでしょうし、観光業の場合は、人々が夏の休暇でのんびりしているときに、一番忙しくなるのです。

 

ホスピタリティ及び観光業における仕事とは、親しみがあり、効率的で、しかも丁寧なサービスを、お客様に提供することです。したがって、優れたコミュニケーション能力、忍耐力、明るい性格などが、この業界でうまくやっていくための、不可欠な要素となります。認められるには、この業界で本当に働きたいと、心底望んでいなければなりません。あなた自身が楽しんで仕事をしていなければ、親しみやすい接客をすることは、難しいからです。

 

ホスピタリティ及び観光業界における職種の選択

 

ホテル及び宿泊施設での仕事は、施設の種類によって、大きく違ってくることがあります。たとえば、ユースホステルで働いている場合と、5つ星のリゾートホテルで働く場合では、かなりの違いがあるということです。組織の規模や、その組織や施設がどんなサービスを提供しているかによって、いろいろな経験を積んでいくことができます。

 

どんな組織も、一般的な業務を監督するマネージメント職が必要です。大きめのホテル・チェーンではさらに、財務、マーケティング、人事、一般事務のスタッフをも、雇用しているでしょう。加えて、ホテルや宿泊施設には、以下のような職種もあります:

 

レストランのスタッフ

シェフ

掃除スタッフ

バー・スタッフ

コンシェルジュ

キッチン・アシスタント

接客スタッフ

エンターテインメント・スタッフ

 

レストラン、ケータリング、飲食店は、ほとんどが調理をする人々に支えられています。 シェフ、スー・シェフ、コック、そしてキッチン・スタッフは、その専門的なスキルを見込まれて、採用されます。

飲食店でも、重要な意思決定を行い、接客担当のチームが効率的に働くことを指揮する、マネージメント職のスタッフが必要です。

 

ウェイターやバー・スタッフ、時にはプロのソムリエも必要となります。大規模なレストラン・チェーンでは、ビジネス・マネージャー、財務スタッフ、人事スタッフ、マーケティング・スタッフなども雇用しています。

 

バーやパブ、クラブでは、実際のバー業務をする人材が求められますが、イギリスでは、マネージメント職のポジションの求人も、多くあります。マネージメントのポジションにいるスタッフは、「小売業ライセンス」(アルコールの販売許可の責任を負うスタッフは、このライセンスが必要)の訓練を受けることが多いようです。

大きめのチェーンなどでは、プロモーションやイベントを取りまとめるための、さまざまな職種を提供しているところもあります。

 

コーヒー・スタンドや、ジュース・バー、その他の小さなスタンドが、あちらこちらでオープンしているようです。このような形態は、明らかに一大ビジネスになっており、バリスタ、ジュース・オペレーター、マネージメント職などの、雇用機会が出始めています。

 

カンファレンスや、文化的なイベントにおいては、接客担当から、プロモーション・チームのスタッフ、バー・スタッフにいたるまで、スムーズに運営されていることが大切です。 ケータリングやホスピタリティのスタッフは、病院や学校、大学などの公共のサービス機関でも、特別に重要な役割を担っています。

 

観光業界は、ホスピタリティ業界と同じような職種となることが多いようです。しかし、ホスピタリティ業界とは、また違った職種も多くあり、人々の旅のお手伝いをしています。旅行代理店や観光情報センターで働く人々は、人々が良い休暇を過ごす手助けとなるような、価値のあるサービスを提供しています。

 

人々がまだ訪れたことのない場所で、楽しい時間を過ごすための手助けをするのには、彼らの専門知識が、とても重要となります。実際に担当者に会って話を聞くよりも、インターネットや旅行本で情報を得ることが、ますます増えたことは確かです。それでも、旅のプランを練る際に、もう少し人間味がほしい場合、これらの人々が手助けしてくれるでしょう。

 

同様に、ツアー・オペレーター、ツアー・ガイド、余暇の担当者、観光スポットなどで働くスタッフは、人々が最大限に娯楽を満喫できるよう、手助けしています。 この種の職業は、ツーリズムの中でも少し冒険的な要素を持つ、アドベンチャー・スポーツを行うようなの休暇の場合に、特に重要となります。特殊なスキルを有し、安全や技術的な面に知識を持つ人材が、必要とされるからです。

 

旅客サービス業の仕事は、観光業における、もう一つの重要な分野です。旅をできるだけ快適で楽しいものにするために不可欠なのが、列車やフェリー、クルーズ船、長距離バスなどの、客室乗務員や接客担当のスタッフです。

 

というわけで、ホスピタリティや観光業の仕事は、楽しいことばかりを体験できる、というわけにはいきませんが、かといって、いわゆる一般的な、9-5時勤務の仕事でもありません。これを読んで、興味をお持ちになったのであれば、この業界に関連する、さまざまなキャリア・パスを探求し、サービス及び観光業の仕事が、あなたに合ったものかどうか、確かめてみてください。

北海道出身。野球はやるのもみるのも好き。日本ハムファイターズが北海道に来る前から好きなファイターズ狂。専門学校卒業後からホテルで勤務し、ススキノでレストランを立ち上げ成功。取締役に名前を残しながら、昔からの夢であった海外就職を実現するためにタイに移住しました。今は、五つ星ではありませんが、タイの四つ星ホテルで働いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です