世界はますますグローバル化し、国際旅行がこれまで以上に可能となり人気を集めているように、ホスピタリティ業界は、かつてないほどに成長しています。この新しいグローバル化時代は、ホスピタリティ及び旅行業界の繁栄にとって、絶好の条件を生み出しました。それでは、ホテル・クラークとして就職するための、いくつかのヒントをご紹介しましょう。

ホスピタリティの学位を取りましょう
世界中の宿泊施設には、宿泊客に快適に泊まってもらうために採用される、基盤となる職種があります。ホテル・クラークとは、宿泊者が必要なすべてのサービスに、一番初めに対応する仕事です。ホテル・クラークとして仕事を得る一番の方法は、ホスピタリティ及び観光の学位を取得することです。これらのプログラムでは、ホテル運営のすべてを理解し、接客サービスの基礎を学ぶことができます。このような学位は、多くのコミュニティ・カレッジや、4年制の大学でも取得することができます。

経験を生かしましょう
フロント・デスクの仕事の一部は、純粋な経験を通してしか、獲得することができません。雇用主は、ホスピタリティ及び観光に関連する学位を持つ応募者だけを採用しているとは限りません。ハウス・キーパーやサーバーなどの低いところから、単純に昇進してきた人たちもいます。このような日々の業務を通して、確実にホテル・クラークになるための、貴重な経験を積むことができるのです。

フロント・デスクの仕事には、優れた接客のスキルが必要です。生まれつき、宿泊客とのさまざまな対応を処理できるような才能を持っている人々もいます。ホテル・マネージャーは、フレンドリーで、意欲があり、業務にまじめに取り組む、人々にサービスを提供することを楽しでいるような人を探しています。経験やその人の持つ性質が、ときには準学士号などの資格に勝ることもあるのです。

インターネットもしくは直接リサーチしてみましょう
最近では、多くのホテルやリゾートが、オンライン・システムを利用して求人情報を投稿し、応募を受け付けています。ただし、いまだに昔のやり方で、フロント・デスク・クラークとしての仕事を探すこともできます。たとえば、単純にホテルへ行き、宿泊施設でのクラークとして応募したい旨をはっきりと示した履歴書とカバーレターを、直接渡すこともできます。フロント・デスクの担当者に渡せば、ホテル・マネージャーと直接話す必要はありません。求人フェアーなどは、ホテル及び観光業界での就職先を得るのに、とても良い場所です。地方商工会議所および観光局がイベントを主催し、地元企業が応募を受け付けるブースを設置していることが多いでしょう。旅行や観光に関連する、このような地元のイベントに赴き、就職先の情報を得ることは、決して無駄なことではありません。そのようなイベントで、実際のホテル・クラークやマネージャーと話をし、スピタリティ業界について教えてもらったり、仕事のヒントをもらうこともできます。

教育資格と実務経験があれば、どんな人でも、ホスピタリティ及び観光業界で、職を得ることができます。接客のスキルも、大きな鍵となります。最後に、正しい履歴書を書くことができれば、あなたが働いてみたいホテルからの面接を勝ち取ることが、さらに容易にできるようになるでしょう。LiveCareerのResume Builderは、質の高い履歴書を簡単に作成する方法を提供しています。

北海道出身。野球はやるのもみるのも好き。日本ハムファイターズが北海道に来る前から好きなファイターズ狂。専門学校卒業後からホテルで勤務し、ススキノでレストランを立ち上げ成功。取締役に名前を残しながら、昔からの夢であった海外就職を実現するためにタイに移住しました。今は、五つ星ではありませんが、タイの四つ星ホテルで働いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です