ホテル・マネージャーになりたいのですね。それは良い選択をしましたね。なぜならホテル・マネージャーのキャリアは、なかなかに素晴らしいものなのです。

 

ホテルで働くと、お客様が何を必要としているかを予測し、それに応えるだけで、お客様の笑顔を見ることができます。

 

新しい世界を見たり、体験する機会にもなります。しかも、 ホスピタリティ業界でのキャリアがあれば、世界中のどこででも仕事をすることができます。つまり、バハマやシンガポールに行きたければ、そこで経験を活かすこともできるのです。

 

収入の話ですが、 ホテル・マネージャーは、かなり高い収入を得ることができます。

 

では、この業界に食い込み、あなたの希望する、ホテル・マネージメントの仕事につくためには、実際どんなことをすれば良いでしょうか?

あなたがホテル・マネージャーになるための、4つのステップを挙げてみました。

 

 

  • 一番下から始めてみましょう

 

 

ホスピタリティ業界では、一番下のレベルの仕事をこなしたことがあり、ビジネスのフロントエンドを理解している人を必要としています。ホテル・マネージャーになりたいのであれば、まずは一番底辺から始めることです。

ホテルをマネージメントするためには、そのホテルを良くするために何が必要なのかを、よく理解していなければならないからです。

宿泊客が足を踏み入れる前に、部屋をシミひとつなく掃除するハウスキーパー、笑顔で上まで荷物を運ぶべルボーイ、宿泊客を迎え、すぐにルーム・キーを用意できるフロント・デスク、ホテルを心地よく利用するためには、これらのすべてが完璧にそろっていなければなりません。

 

つまり、このような底辺の仕事をやったことのある人ならば、マネージメントもできるはずだということです。

 

ホテル・マネージャーのポジションにつきたいのであれば、ホテルでできる仕事は、何でもやってみることです。ディッシュ・ウォッシャーでもかまいません。アルバイトや、夏休み中のインターンシップでもかまいません。まずは扉の向こうに、第一歩を踏み出すことが大事なのです。

 

  1. 期待される以上の仕事をこなしましょう

 

他のあらゆる仕事と同じく、日常的な業務以上のことをこなすことによって、差をつけることができます。マネージャーは、ホテルをマネージメントする上で、あらゆる側面を視野に入れる必要があるため、自分の責任外のところでも、手伝うようにしましょう。

 

ベルボーイとして働いているなら、部屋に案内する間に、お客様の細かい希望や要求を見つけるようにしてみましょう。それをマネージャーに報告すれば、お客様の滞在を特別なものにすることができるでしょう。

 

たとえば、湾の景色に感激し、ジェットスキーに行けたらいいなと言ったカップルがいたとしましょう。彼らが部屋に到着した1時間後に、ジェットスキーを借りるにはどこに行けばよいかを記した詳細なリストを用意したり、さらにはそこへ行くのに、ホテルのシャトルバスをすすめたりするようなことです。

 

このような、ほんの少しの気配りは、お客様をより良く理解するのに役立つだけでなく、優れたホテル・マネージャーにとって非常に重要なことです。しかも、経営陣に向けてあなた自身の熱意をアピールすることができ、さらなる責任を与えてもらえるかもしれません。

 

昇進したい旨を示す方法は、他にもたくさんあります。バックエンドの業務にも関心を持ち、ホテルが使用しているソフトウェア・システムを習得することもできます。この業界のより多くのスキルを磨けば磨くほど、あなたは貴重な人材となるわけです。

 

とあるホテルのマネージャーが、Lifehackerとのインタビューで、次のように言いました。

「私は理学士の修了資格を持たず、一生懸命に働き、信用してもらえるようにつとめ、あきらめず、敬意を持って、プロフェッショナルに徹し、自分の業務外の仕事でも、すすんでやるようにしていた。ハウスキーパーがベッドメーキングをするのを、いつも手伝うことにしていたし、洗濯をしたり、こぼしたものを拭いたり、プールを清掃したり、電球を変えたり、とにかくホテルにとって良いことならなんでもやった。これは他の方法よりも、長い道のりかもしれないが、満足している」

  1. 業界内で援助を求めてみましょう

 

他の少し時間のかかる方法としては、見習いになることができるかどうか、何らかリーダーシップ・トレーニングを受けさせてもらえるかどうか、経営陣に直接質問するということがあります。

 

経営陣は、あなたがホテルをより良くしたいと思っていることを喜ぶでしょうし、力を貸してくれるでしょう。

 

このようトレーニングに、積極的に取り組んでいるホテル・チェーンもあります。 たとえばHilton Worldwideでは、6か月間の見習いプログラムを提供しており、従業員が、ハウスキーピングから、セキュリティまで、ビジネスのあらゆる面を学ぶことができます。

 

見習いは、ホテルの各部門を6週間に渡って完了し、その後、約4ヶ月間働いてみたい部門を選択できます。 見習いが終わると、Hiltonの取締役会でプレゼンテーションを行い、業界全体で認められている修了証明書を受け取ることができます。

 

  1. できれば卒業資格を取得しましょう

 

ホスピタリティに関する学位を取得することを、必要と思う人もいれば、必要でないと考える人もいます。 学位取得にたくさんの費用を注ぎ込む前に、考慮してみる必要があります。

 

とはいえ、最も人気のあるホテル・マネージメントの仕事を得るには、学位を持っていた方が、他との差をつけることができるかもしれません。

 

多くのカレッジでは、ホテル・アドミニストレーション、マーケティング、マネージメント、ケータリング、その他のホテル・マネージメント・プログラムのコースを提供しています。 最もあなたに合っている学位を見つけるには、単純に尋ねることが一番です。 過去に、ホテル・マネージャーを輩出したことのある、カレッジとつながりがあるかもしれません。

 

ホテル・マネージメントについてどのようなことが聞きたいですか?

 

仕事を得る方法は、実際にその道をたどった人に、話を聞くのが一番です。 この仕事で成功するためには、どんなことをすれば良いでしょうか? コメント欄に質問を記入してください。あなたがすでに成功しているホテル・マネージャであれば、あなたの実際に経験を共有することで、応募者の手助けになるかもしれません。

 

ホテル・マネージャーが得るべき収入、面接でどのような質問をされるか、についても読んでおくと、業界内で理想の従業員となるにはどうすれば良いか、学ぶことができるでしょう。

北海道出身。野球はやるのもみるのも好き。日本ハムファイターズが北海道に来る前から好きなファイターズ狂。専門学校卒業後からホテルで勤務し、ススキノでレストランを立ち上げ成功。取締役に名前を残しながら、昔からの夢であった海外就職を実現するためにタイに移住しました。今は、五つ星ではありませんが、タイの四つ星ホテルで働いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です