レストランで働くということは、一生のキャリアになることもあれば、キャリアを築くまでのステップとなることもあります。いずれにしても、レストランへの就職は、しばしば競争率が高いものです。短いシフトでの勤務にもかかわらず、良い報酬が得られるというのがその理由です。レストランで仕事を得る機会を増やすには、いくつかの方法があります。

1. まずホストを試してみる
レストラン勤務の経験がなければ、まずはホストとして働いてみるのが良いかもしれません。お客様が最初に見る顔はあなたであり、あなたの仕事は、お客様がどこに座るかを割り当てることです。銀食器やナプキンを調達したり、給仕をするのも仕事のうちです。ホストとして出発することで、あなたがどれほどプレッシャーに強いか、忙しくなったときに、どれだけにこやかにふるまえるかを、マネージャーは見極めることができます。

2. きちんとした服装で
面接を受けるとき、または単に空きのポジションがあるかどうか確認をしに行くとき、一番良い服装を用意しましょう。カジュアルなレストランであっても、スーツとネクタイを着用するのが良いでしょう。そうすることで、マネージャーに時間を割いてもらうことに対して、あなたが敬意を表していること(あなたが真面目に仕事のことを考えていること)を、マネージャーに示すことができます。

3. 経験を強調する
レストランで働いたことがないのですね?それではちょっとクリエイティブになってみましょう。どんなボランティア、ホスピタリティ、または接客の仕事でも、レストランで働く仕事へ、つなげることができます。何年もウェイターとして働いていたのなら、そろそろバーテンダーになるべきなのかもしれません。

4. 教育資格について
高級なバーで働いたり、バーテンダーとしてキャリアを積もうと考えているのなら、バーテンダーのクラスを受講することを検討してみてください。これらのコースは、一般的にそれほど費用がかからず、完了するまでに、あまり時間がかかりません。ただし、実際にバーテンダーの仕事を得るためには、少し時間がかるかもしれません。

キッチンで仕事をしたいのなら、料理の専門学校に通うべきですが、天体物理学のような、無関係なものを学ぶ専門学校にフルタイムで通っていたとしても、履歴書には記入すべきです。あなたの誠実さを証明することにはなるでしょう。

5. 常に笑顔で、あなた自身でいること
どんな業務をこなしているときでも、レストランの仕事というものは、フレンドリーでなければなりません。それは緊張しているときでさえ自然に笑うことができ、世話の焼けるお客様に対しても、フレンドリーな会話ができることを意味します。面接では、礼儀正しく、素直で、面接を受けられることを喜んでいると示す必要があります。そうでなければ、雇用主は、お客様の相手をまかせてはくれないでしょう。

6. 紹介を求める
ひとりやふたり、レストラン業界で働いている、友達がいるかもしれません。バーテンダーやウェイター、ホストというものは、大きなネットワークを持ち、仕事を終えても、密接につながっているものです。そんな彼らに、働いているレストランに求人があるかどうか、尋ねてみるのを躊躇することはありません。もし求人があれば、紹介してもらえるよう、頼んでみることです。別のレストランの求人を教えてくれたのなら、そこで働いている誰かを紹介してもらえるよう、頼んでみてください。コネや紹介というものは、この業界においては非常に役に立つものです。ただし、紹介してくれた人には、きちんと感謝の気持ち伝えましょう(昼食をおごる、サンキュー・カードを送るなど)。

7. 観光シーズン中に働く
あなたの住んでいる街に、観光客が集まる特定のシーズン(ビーチのある街では夏の間など)があるのなら、観光シーズンから数ヶ月または数週間ほど前の時期に、応募をしてみてください。通常雇用主は、忙しい観光シーズン用のサーバー、ホスト、およびバーテンダーをたくさん集めるために、この時期の採用基準をややゆるくしています。
これはレストラン業界というものが、どのように機能しているかを知る、良い経験となります。レストランで働くということ、お客様と直接関わることのできる、すばらしい経験の得られる仕事です。さまざまな人々に会うことができ、短い期間に相応の収入を得ることができます。最初の一歩を踏み入れるのは、簡単ではないかもしれませんが、一度入ってしまえば、良い生活を満喫することができるでしょう。

成長を続けるこの業界で、仕事を見つけたいですか?LiveCareerがお手伝いします。こちらのウェブサイトで、レストラン向けの履歴書を数分で(しかも無料で!)、作成することができます。

北海道出身。野球はやるのもみるのも好き。日本ハムファイターズが北海道に来る前から好きなファイターズ狂。専門学校卒業後からホテルで勤務し、ススキノでレストランを立ち上げ成功。取締役に名前を残しながら、昔からの夢であった海外就職を実現するためにタイに移住しました。今は、五つ星ではありませんが、タイの四つ星ホテルで働いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です