成人のほぼ半数が、人生のある時点で、レストランの仕事をしたことがあるそうです。 一時的な仕事、または副業としてしかのみ、この業界を捉えていない人々もいますが、飲食業に対する誤解を鵜呑みにしてはいけません。多くのレストランは、高いスキルの必要な、条件の良い職種を募集しています。

どこで探せば良いでしょう
インターネット上の、一般の求人が掲載されているところで、レストランの求人を探すこともできますし、飲食業の求人に特化したウェブサイトで、検索することもできます。新聞の求人欄を探すのも、いまだに良い方法ですし、直接レストランに行き、尋ねることもできます。レストラン業界での入れ替わりは早く、広告されていなくても、募集していることがあります。

採用基準や資格など
あなたの持っている資格を、希望している職種に照らし合わせてみてください。希望する仕事に、いきなり最初から就けるわけではありません。著名なレストランで、高い報酬の支払われるポジションについている人々の多くは、ファースト・フード・レストランやカジュアル・レストランで働くことから始めています。キャッシャー、ホスト/ホステス、ディッシュ・ウォッシャーなど、一部のレストランの仕事は、特に経験や教育を必要としない場合があります。必要とするトレーニングは、実務をこなす上でなされるでしょうし、その後に昇進するチャンスがあります。ただしその他の、エグゼクティブ・シェフやレストラン・マネージャーなどのポジションには、学位や相応の実務経験が必要となるでしょう。
事前に調べておきましょう
応募する前に、そのレストランを調べることで、他の応募者との間に差をつけるとができます。料理の種類や、客層などの細かいところを、観察してみましょう。一部の雇用主は、あなたのビジネスに関連する知識を、テストすることもあります。たとえば、アルコールの売り上げから多くの利益を得ているレストランでは、リカーやワインの、ペアリング・スキルについての知識を試すこともあります。日本料理やタイ料理など、その国の料理を専門とするレストランでは、外国の料理の知識についてのテストをすることもあります。

準備しておきましょう
応募書類を提出するときや、面接に行くとき、特にお客さんと関わるような仕事を希望している場合は、身だしなみをきれいにするなど、プレゼンテーションが大切です。履歴書を更新しておくことも大事ですが、以前の職場の連絡先アドレスや電話番号を用意していることも大切です。多くのレストランでは依然として、応募申請書の記入を促すところがあります。直接申請に行く場合は、食事と食事の間の、ピーク時以外の時間に行くようにしましょう。

アピールしましょう
レストランに関係のない職歴や経験も、アピールしておきましょう。接客やレジ経験、外国語を話す能力などのスキルです。また、忙しい環境で働いたり、週末や休日に出勤できるというような、飲食業界では共通の懸案事項に理解があることも、アピールしてください。

2016年年度の飲食業界その他関連する業界の従業員の収入
米労働統計局によると、2016年の飲食業界及び関連する業界の従業員の平均年収は、19,710ドルでした。下の方から見て、飲食業に従事する従業員及びそれに関連する従業員の25パーセンタイルは、年間18,170ドルの収入を得ており、これは、75%がこの金額を上回っていることを意味します。 75パーセンタイルの収入は22,690ドルとなっており、これは25%が、それ以上の収入を得ていることを意味しています。2016年は、アメリカ国内で5,122,500人が飲食業界に従事しています。

北海道出身。野球はやるのもみるのも好き。日本ハムファイターズが北海道に来る前から好きなファイターズ狂。専門学校卒業後からホテルで勤務し、ススキノでレストランを立ち上げ成功。取締役に名前を残しながら、昔からの夢であった海外就職を実現するためにタイに移住しました。今は、五つ星ではありませんが、タイの四つ星ホテルで働いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です