ホスピタル業界におけるトップ・10の業務

あなたはこの業界に値する、資質やスキルを持っていますか?もし持っているのであれば、あなた向きの仕事があるかもしれません。

仕事において適用すべき法則がひとつあるとすれば、それは「良い職場は、良い人材を呼ぶ」ということになります。その中でも特に、フレンドリーな人々を必要としている業界があります。

ホテル、レストラン、会議用施設などを含む、ホスピタリティ産業は、ますます拡大しています。米国労働統計局によると、ホスピタリティ業界では今日、1240万人が働いており、これは全雇用の約8.6%を占めています。ホスピタリティ業界は、2004年から2014年の間に17%増加し、220万人以上の新規雇用が追加されると予測されています。

「景気が良いということは、旅行につぎ込むことのできるお金がたくさんあるということです。人々は20年前と比べて、ワインや旅行先などの情報を、よりたくさん持っています」と、Kendall College’s Les Roches School of Hospitality Managementの学長である、ジェフリー・カレットは述べています。「そのことが、ホスピタリティ及び娯楽産業を、大きく発展させてきました」。

安い賃金や、長い労働時間などの理由で、ホスピタリティ業界を避けている人々もいます。昇進のチャンスがあることや、6桁並の収入を得ることのできる利点があることを、知らない人は多いのです。

「ホスピタリティ産業は、活気溢れる魅力的な業界です。6桁並の収入を得て良い生活が送れる上に、経費はまかなわれることが多く、その他の多くの職業よりも、ダイナミックな職場環境を提供しています」とカレットは言います。「トップクラスのマネージャーに与えられる宿泊優待や、ホテルやレストランのマネージャーが日々得ることのできる特典などを含めると、この業界の報酬というものが、他の業界に比べても、遜色のないことがわかるでしょう」

このますます雇用の増加している業界で、仕事を探しているのであれば、次にあげる10の職種を見てみましょう:

1. ホテル・ゼネラル・マネージャー
仕事内容:施設の運営及び収益に関わる、すべてを指揮監督します。人事及び人的パフォーマンス、常連客へのサービス、宿泊料金、広告、広報、メニューのセレクションなどの、基準を構築します。
トレーニング:業界内での2年以上のトレーニング及び/または実務経験。
アメリカにおける平均的な収入:149,456ドル

2. ホテル・クラーク
仕事内容:チェック・インやチェック・アウト、部屋の割り当て、ホテル・サービスに関する問い合わせ対応など、宿泊客へのさまざまなサービスを提供します。
トレーニング:業界内での3〜6ヶ月間のトレーニング及び/または実務経験。
アメリカにおける平均的な収入:19,710ドル

3. ベルボーイ
仕事内容:宿泊客を客室に案内したり、荷物の運搬をします。ホテルで利用可能なサービスや施設、エンターテイメントやアトラクションの情報を宿泊客に提供し、すべてきちんと基準に達しているかの確認をするため、ゲスト・ルームを精査します。
トレーニング:短期間の実務トレーニング。
アメリカにおける平均的な収入:15,995ドル

4. ミーティング/コンベンション・プランナー
仕事内容:さまざまな規模の会議や、特別なイベントを企画します。予算、ゲスト・スピーカー、エンターテイメント、交通、設備、技術、備品、物流上の要件、印刷、食べ物や飲み物、その他の関連するものごとの調整をします。
トレーニング:業界内での6〜12ヶ月のトレーニング及び/または実務経験。
アメリカにおける平均的な収入:60,245ドル

5. コンシェルジュ
仕事内容:レストランの予約、特別なイベントのチケット予約、旅行や観光ツアーなどの手配をします。
トレーニング:短期間の実務トレーニング。
アメリカにおける平均的な収入:16,262ドル

6. 給仕長
仕事内容:ヘッド・ウェイターとも呼ばれ、お客様にテーブルを割り当て、予約を取ります。常連客のためのサービスの手配、すべてのウェイターが、効率的に仕事ができているように気を配ります。
トレーニング:ほとんどは飲食のサーバーとして出発し、だんだんと昇進していきます。カレッジにおける、ホテルやレストランの経営や経営管理のコースの資格は、有利となります。
アメリカにおける平均的な収入:28,000 – 45,000ドル、施設によって異なります。

7. エグゼクティブ・シェフ
仕事内容:メニューの作成やスタッフの管理など、キッチンのすべての業務を監督します。余った食材の再利用、どんなメニューが人気が高いかなどの調査、お客様がどのくらい食べるかの予想、できあがった料理を試食、特別なレシピの開発などが仕事です。
トレーニング:業界内での4年以上のトレーニング及び/または実務経験。
アメリカにおける平均的な収入:46,206ドル

8. チケット予約・エージェント
仕事内容:電話またはメールでの問い合わせに対応し、スケジュール、料金、宿泊施設などの旅行手配に関する提案や情報を提供、運賃や客室料金などの案内、交通機関やホテルの予約などを行います。
トレーニング:高等学校の卒業資格あるいは同等のものが最も一般的ですが、雇用主の中には、経営またはビジネスの学位の修了を条件としているところもあります。
アメリカにおける平均的な収入:27,750ドル

9. メイド、ハウスキーパー、客室係
仕事内容:ベッド・メーキング、リネン類の補充、部屋や廊下の清掃、掃除機をかけたり、ゴミを集めたり、バスルームの備品の補充などの、軽い清掃業務を担当します。
トレーニング:特に必要ありませんが、関連する知識や経験は必要となります。短期間の実務トレーニング。
アメリカにおける平均的な収入:20,124ドル

10. ゲーム・ディーラー
仕事内容:クラップス、ブラックジャック、ルーレットなどの、テーブル・ゲームの運営をします。サイコロを投げたり、プレイヤーにカードを配付したりします。勝者を決定し、賭け金を計算し、分配したり集めたりします。
トレーニング:少なくとも高等学校卒業資格、またはGED資格(高卒認定資格)を有していると有利です。カジノは、教育資格、トレーニング、及び実務経験における、それぞれの基準を持っています。ゲーム関連の資格の修得だけでなく、ホスピタリティ業界に関連する分野でのアソシエイト、学士号または修士号の提供も行っている機関が多くあります。
アメリカにおける平均的な収入:14,340ドル

北海道出身。野球はやるのもみるのも好き。日本ハムファイターズが北海道に来る前から好きなファイターズ狂。専門学校卒業後からホテルで勤務し、ススキノでレストランを立ち上げ成功。取締役に名前を残しながら、昔からの夢であった海外就職を実現するためにタイに移住しました。今は、五つ星ではありませんが、タイの四つ星ホテルで働いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です